News

「原子力と私」「原子爆弾の完成」


    • 「原子力と私」 仁科芳雄博士著 学風新書

      1945年8月の広島長崎原爆被害調査から1951年に急逝されるまでに雑誌等に発表された一般市民向けの解説集
      目次:「原子力について」「原子爆弾」「原子力の管理」「原子力問題」「日本における原子力研究の条件」「原子弾と肥料」「原子力と平和」「原子力問題の新段階」「原子力・今後の課題」「ラジオアイソトープが輸入されるまで」「ボーア」「湯川理論の発展」「日本再建と科学」「科学活動と経済活動」「国際平和の基礎」「政治の科学性」「組織の力」「発明と研究」「わが科学者のつとめ」「われらはいかに前進すべきか」「二十世紀前半における物理学の歩みとその後半の夢」「国際学術会議への旅」「外から見た日本」「私は何を読んだか」


  • 「原子爆弾の完成」─スマイス報告─ 仁科芳雄 監修 杉本朝雄・田島英三・川崎榮一 譯
    岩波書店(1951) (序文のみ)

    原子爆弾が投下された翌年の1946年に、”Atomic Energy for Military Purposes” by H.D. Smyth が発表されました。このスマイス博士は仁科博士の友人で、この本は、その邦訳です。pdfは仁科博士の序文のみですが、原文を閲読されたい方ここをクリックしてください。この論文だけでなく、アメリカの原爆開発が詳しく公開されています。