News

仁科記念室3D映像

仁科芳雄博士が1951年1月10日に急逝されたときのままに保存されてきた博士の執務室「仁科記念室」が老朽化のため解体されます。博士の愛用された調度品、書籍、自筆の書簡等、日本の現代物理学の父の遺産は、博士の古巣の理化学研究所の和光事業所に移管されました。写真をクリックすると、(株) トプコン が制作した記念室内部の3D映像をご覧いただけます。