Nishina Asia Award

第5回(2017年)Nishina Asia Award 候補者推薦のお願い

Nishina Asia Award は、アジアに研究基盤をおいて極めて優れた成果を挙げた日本以外のアジアの若手研究者(学位取得後15年以内)を毎年1 名選考して、賞状と賞牌および賞金40 万円を仁科記念賞授賞式の場で授与し、さらに授賞式の前後約2 週間、わが国研究者との研究交流を助成するというもので、2012年度に創設いたしました。

本賞は、毎年1月より本ホームページに英文・和文の公募記事を掲載するとともに、仁科記念賞候補推薦者および海外の仁科アジア賞候補推薦者各位に候補のご推薦をお願いし、推薦いただいた候補者のなかからNishina Asia Award 選考委員会における厳正な審査を経て、8月末までに受賞者を決定いたします。これまで4回の受賞者と業績は下記の通りです。

このたびは、第5回(2017年)のNishina Asia Award 候補者の推薦をお願いいたします。推薦要領はCall for nominations に記載してあります。推薦書にはWord 形式の推薦書をダウンロードしてご使用ください。なお、前回と同じ候補者を推薦される場合には、推薦書にその旨記載いただければその他の書類の提出は不要です。推薦の締切りは2017年3月31日とさせていただきます。

Asia Award 2017 call for nomination
Asia Award 2017 nomination form

2016年(第4回)Nishina Asia Award 受賞者

第四回仁科アジア賞は Seok Kim氏に決定しました

2016 (the Forth) Nishina Asia Award is awarded to Dr. Seok Kim, Associate Professor, Seoul National University, Republic of Korea, for “Evaluation of Supersymmetry Indices of M2 and M5 Brane Theories”

2015年(第3回)Nishina Asia Award 受賞者

第三回仁科アジア賞は Ke He氏に決定しました
(授賞理由:「量子異常ホール効果の初めての実験観測における傑出した貢献」)



2015 (the Third) Nishina Asia Award is awarded to Dr. Ke He, Associate Professor, Dept. of Physics, Tsinghua University, Beijing, China, for “his outstanding contributions to the first experimental realization of the quantum anomalous Hall effect.”

2014年(第2回)Nishina Asia Award 受賞者

第二回仁科アジア賞は Y.Zhang氏に決定しました
(授賞理由:単層および二層グラフェンの電子的性質の解明への特筆すべき貢献)



2014 (the Second) Nishina Asia Award is awarded to Dr. Yuanbo Zhang, Professor, Dept. of Physics, Fudan University, Shanghai, China, for his outstanding contributions to the elucidation of electronic properties of monolayer and bilayer graphene.”

2013年(第1回)Nishina Asia Award 受賞者

2013/8/19 第一回仁科アジア賞は S. Minwalla 氏に決定しました
(授賞理由:流体/重力対応の研究)

2013 (the First) Nishina Asia Award is awarded to Dr. Shiraz Minwalla, Professor, The Dept. of Theoretical Physics, Tata Institute of Fundamental Research, for “his seminal work which uncovered the deep relation between the equations of fluid dynamics and Einstein’s equations of General Relativity.”