研究者の海外派遣(シニア研究者)

2011年10月24日:諸般の事情により、2010年度から数年間、研究者の海外派遣・招聘ともに公募を見送ることにいたしました。あしからずご了承ください。

仁科記念財団は50年にわたり海外で研究を行うものに旅費、滞在費を支給し、多大の成果を上げてきました。当財団では、他の機関や財団で行っていない事業に重点をおくとの見地からこの事業の見直しを行い、「広い意味の原子物理学及びその応用に関連する分野のシニアな研究者が、海外の研究機関で研究又は研究支援活動を行うために必要な経費を助成する」ことを実施することといたしました。

年齢や所属の有無も問いませんので、有職者や退職者も応募できますし、また、狭い意味の研究だけでなく、研究の支援や協力などを含むことができます。 派遣期間も弾力的で、2ヶ月以上6ヶ月以内です。下記の「海外派遣研究者2009年度(シニア研究者)募集要項」にある通り、2010年2月末までの渡航に関する公募を行いました。受付は2009年9月15日で締め切りました。

海外派遣研究者2009年度(シニア研究者)募集要項はこちらpdf

海外派遣研究者2009年度(シニア研究者)応募票様式(例)word

海外派遣研究者2009年度(シニア研究者)意見書様式(例)word

これまでの海外派遣研究者のリスト

これまでの海外派遣研究者のリストpdf