出版および史料研究調査

講演会は本財団の重要な活動のひとつですが、講演会に出席できなかった人のために講演記録をぜひ出版する必要があるというのが初代理事長であった故渋沢敬三氏の強い希望でした。また2代目の理事長であった故朝永振一郎博士は、これは財団が社会に対して開いている重要な窓であるから、財団として大いに力を入れるべきであるというのが持論でした。このため講演会の記録は出来るだけ保存し、講演会記録(NKZ)として出版するよう努力しております。また財団の広報誌「財団案内」を出版するとともに、仁科博士、朝永博士をめぐる科学史資料の収集調査を行っています。

仁科記念財団案内

2014年仁科記念財団案内(全文) pdf

仁科記念史料研究の公募

下記の募集要項に従って仁科記念史料研究を広く公募します。この事業では、広い意味の原子物理学及びその応用に関連する分野の研究者が、仁科記念史料に関する調査、研究を行うために必要な経費を助成します。研究期間は2年以内です。多数の応募を期待しています。

仁科記念史研究募集要項pdf

仁科記念講演録の出版記録

仁科博士の誕生日である12月6日前後に行っている定例の記念講演会、および外国の著名物理学者が来日した折りに開催している仁科記念講演会の記録です。
以下の講演会記録が入手可能です。御希望の方は一冊につき700円(郵送料込み)を郵便振替でお送り下さい。
当財団の郵便振替の口座番号は、00130-5-135934(右詰め)です。

  1. 朝永振一郎:「原子論の発展」 中学高校の理科教員のための講演 (NKZ No.1; 1962年、抜粋再販 1980年)
  2. 青野雄一郎:「太陽と電離層」 中学高校の理科教員のための講演 (NKZ No.2; 1963年、抜粋再販 1987年)
  3. 朝永振一郎:「放射能の話」(NKZ No.3; 1963年、抜粋再販 (1987年)
  4. 菅  義夫:「電子冷凍の理論と応用」(NKZ No.4; 1964年、抜粋再販 1987年)
  5. 小田  稔:「宇宙の考古学」 (NKZ No.5; 1964年、抜粋再販 (1987年)
  6. 鳩山 道夫:「エレクトロニクス時代とトランジスタ」(NKZ No.6; 1965年、抜粋再販 1987年)
  7. 湯川 秀樹:「仁科先生と朝永さんと私」
    朝永振一郎:「量子電磁力学の発展」 (NKZ No.7;1966年、抜粋再販 1980年)
  8. W.Heisenberg:「現代科学における抽象化」
    平田 森三:「割れ目の話」 (NKZ No.8; 1967年)
  9. 後藤 英一:「電子計算機の得手と不得手」 (1969年)
  10. 湯川 秀樹:「物理学者群像」
    湯川秀樹・朝永振一郎:対談 (1972年)
  11. 小田  稔:「X線星とブラックホール」 (1977年)
  12. 朝永振一郎:「宇宙観の変遷」 (1980年)
  13. Jullian S. Schwinger: ”Tomonaga Sin-itiro:A memorial−Tow Shakers of Physics” (1980年)
  14. 戸田盛和:「自然現象と非線形数理」
    朝永振一郎・藤岡由夫:対談「仁科先生と私」(1981年)
  15. 長谷川博一:「宇宙塵と惑星の誕生」 (1982年)
  16. 中嶋 貞雄:「極低温の世界」
    朝永振一郎:「原子核物理の思い出」 (1982年)
  17. G. Hervey−Nishina:Correspondence 1928-1949 (1983年)
  18. 本庶 佑:「動く遺伝子」(1983年)
  19. Chien-Shiung Wu:”The discovery of the Parity Violation in Weak Interaction and its Recent Development”(1984年)
  20. Y. Nishina's Correspondence with Niels Bohr and Copenhageners 1928-1949 (1984年)
  21. Y. Nishina’s Letters to Niers Bohr, G. Hevesy and others 1923-1928 (1985年)
  22. Freeman J. Dyson:“Origins of Life” (1985年)
  23. Richard P. Feynman:”The Computing Machines in the Future” (1986年)
  24. Ben. R. Mottelson:”Niels Bohr and the Development of Concepts in Nuclear Physics” (1986年)
  25. 西川 哲治:「素粒子の素粒子“クオーク”を探る」 (1986年)
  26. 南部陽一郎:「素粒子は粒子か?」 (1986年)
  27. Supplement to the Publications No.17, 20, and 21 (1986年)
  28. 菊池  健:「大型加速器で素粒子を探る」 (1988年)
  29. ニールス・ボーア:「国連への公開状」 (1988年)
  30. Kai Siegbahn:“From X-ray to Electron Spectroscopy” (1983年)
  31. P. W. Anderson:“Theoretical Paradigms for the Sciences of Complexity”
    “Some Ideas on the Aesthetics of Science”
  32. L. van Hove:“Particle Physics and cosmology; New Aspects of an Old Relationship” (1990年)
  33. P. A. M. Dirac:“Y. Nishina, Correspondence 1928-1948” (1990年)
  34. 木越 邦彦:「放射能で年代をはかる」 (1990年)
  35. J. W. Cronin: “The Experimental Discovery of Parity Violation” (1994年)
  36. 近藤  淳:「金属電子の特異な振舞 —フェルミ面効果—」 (1995年)
  37. H. Rohrer:“The Nanometer Age:Challenge and Chance” (1995年)
  38. P.-G. de Gennes:“From Rice to Snow” (1998年)
  39. H. Kroto:“Science: A round peg in a square world” (1998年)
  40. Jerome I. Friedman: ”ARE WE REALLY MADE OF QUARKS ?” NKZ No.40(2000年)
  41. 外村 彰: 「量子の世界を見る」 NKZ No.41(2000年)
  42. M. J. G. Veltman: "Very Elementary Particles" NKZ No.42(2003年)
  43. 伊達宗行:「仁科記念賞で見る物質科学の進歩」 NKZ No.43(2005年)
  44. 西島和彦:「仁科芳雄と日本における素粒子物理学の原点」 NKZ No.44(2005年)
  45. Chen Ning Yang:“The Klein-Nishina Formula & Quantum Electrodynamics” NKZ No.45(2005年)
  46. 小林 誠:「素粒子物理学はどこへ向かうのか」 NKZ No.46(2006年)
  47. 川路紳治:「半導体二次元電子の量子輸送」 NKZ No.47(2008年)
  48. 中根良平・上坪宏道・外村彰・丸山瑛一・矢野安重: [座談会]「栄光の理化学研究所-その歴史と今後の発展-」 NKZ No.48(2008年)
  49. Yuan T. Lee:"Human Society in a Cross Road - A Perspective of a Scientist -" NKZ No.49(2008年) (表紙イメージ)pdf
  50. 南部陽一郎:「自然法則の対象性とその破れ」 NKZ No.50(2009年) (表紙イメージ)pdf
  51. 益川敏英:「70年代の素粒子、混沌からパラダイムへ」 NKZ No.51(2009年) (表紙イメージ)pdf
  52. 小林 誠、西村 純、池田長:「仁科芳雄博士の輝かしき業績」 NKZ No.52(2011年) (全文)pdf