News

「仁科記念財団50年のあゆみ」と「仁科博士とその時代」(鎌田甲一講演録)

仁科記念財団は、1955年に仁科芳雄博士の偉大な業績を記念して創立され、2005年に50周年を迎えた。この半世紀にわたり財団は、仁科記念賞の贈呈、研究助成金の贈呈、海外への研究者派遣、外国のすぐれた学者の招聘、発展途上国研究者の来日研究助成、仁科記念講演会の開催、仁科記念文庫の運営、仁科博士、朝永博士をめぐる科学史資料の収集調査、などの事業を行ってきた。
この機会に、これまで財団を支えてこられた数多くの方々への感謝の気持ちをこめて、「50年のあゆみ」を資料としてまとめた (2005年12月)。また、巻末に故鎌田甲一元常務理事の講演録「仁科博士とその時代」を加えた。(山崎敏光前理事長 序文抜粋)


「仁科記念財団50年のあゆみ」「仁科博士とその時代」
(吉田茂首相を会長とした仁科記念財団設立発起人会の「財団設立趣意書」など、財団設立の経緯が記述されています)


Nishina Memorial Foundation 2008